R+house:R+houseの秘密

HOME > R+house > R+houseの秘密

新着情報:News

About R+house

お客様の声:Customer's Voice

 

お客様の声:Customer's Voice

健康自然住宅へのこだわり/代表挨拶

スタッフ紹介:Staff Introduction

施工事例:Reform/リフォームも昭栄建設にお任せ下さい!

ハウスINハウスについて

About WB工法の家

Q&A

ただいま建築中BLOG

昭栄建設公式facebook

昭栄建設公式インスタグラム

スタッフ募集

昭栄建設 会社概要

R+houseの秘密

夢が手にはいってしまう、R+house4つのコンセプト

● アートの”R”
…    建築家とデザイン性豊かな住まいづくりを
● ルールの”R”
…    設計ルールを定めてコストダウン
● ルートの”R”
…    メーカー直接インターネット経由の部材流通ルート
● 性能の”R”
…    高気密・高断熱”次世代”省エネ基準を上回る温熱環境を実現
建築家とつくる夢

建築家とつくる夢

「どんな生活がしたいですか?」
「好きなもの・好きなコトはなんですか?」
ライフスタイルや、趣味の話・・・
話すごとにカタチになっていく、夢の話・家の話を
感性豊かなアトリエと話しましょう。

一生に一度の家づくりだからすこし突っ込んだ質問や、
第三者様からの提案が大切だったりします。

三重県に居ながら、全国の腕のある建築家さんと会える。

実際に伊勢・志摩の風土や環境などを見ていただき、
しっかり話をして決めていくことができます。
また、建築家が一からプランニングすることによって、
デザイン面はもちろん安全面なども確かなものになっていきます。

“建築家”と“設計士”の違い

あまり知られていませんが、おおまかに整理しますと
建築家は、住まいの暮らし方や住環境・空間デザインまで考えて建物をカタチにする。
設計士は、法規制や施工を考えて建物を計画・設計図書を作成する。という特長があります。

建築家は、建物のスペシャリスト。

建築家は、法規制や施工の検証に加えて、現場の収まりを考えたコストコントロールや空間デザインも行うのです。
そんなR+houseのアトリエ建築家と一緒に、「お客様とご家族にとって最適で住みやすい住まい」をつくってみませんか?

コストダウンの秘密

コストダウンの秘密

設計ルールを決めて、コストダウン

コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことと思いますが、じつは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などがコストを上げていたりします。

そこで、そのムダを極力少なくするための
「ルール」を作りました。

クオリティを落とさず、ちょっとしたコストダウンで、
夢の注文住宅づくりは可能になるのです。

ほんの少しのルール。 パズルみたいに決めて、“大きく”コストダウン たとえば

1階と2階の間仕切りの位置が
合っているときの
ハリは小さくて済みます。

1階と2階の間仕切りの位置が
ずれると、それを受ける
ハリが大きくなります。

仕入れルートを決めて、コストダウン

仕入れのルートを見直して、ムダなコストは徹底排除。WEBシステムを通じて、メーカーから直接購入する仕組みを作ることで、住宅の建材費用を大幅カットが可能になりました。

また、メーカーへ発注する商品を限定にすることで建材を通常より安い価格でご提供できるようになっています。選ばれた建材は、人気があり、高品質のものに限定しております。

メーカー直の強み。高品質で人気の高い建材を、通常より安い価格で提供してくれる。

快適でエコな住宅

耐久性 -長持ちする家-

日本の木造住宅の寿命は30年と言われていますが、
木造住宅は木を腐らせなければ長持ちします。

R+ houseでは
水分を通しにくいオリジナルパネル(断熱材)が室内からの水蒸気を防ぎ、人工的に計画換気も行います。
さらに、室外からの湿気も通気層から吐き出してくれるので、耐久性の高い木造建築が実現できます。

耐震性 -地震に強い家-

せっかくデザインがよくても、
安全でなければ意味がない。

日本という環境の中で、家は自然災害から守ってくれる大切な存在です。
特に地震大国である日本では「耐震性」は気になるところ…

R+ houseでは
オリジナルパネルを使用しています。面全体で力を支えるので、力が分解され、強い衝撃にも負けません。
この工法は、木造建築の伝統的な工法である「在来軸組み工法」と、地震に強い「2×4工法」の良い面をあわせ持っています。

ランニングコストを抑えた、燃費のいい家-夏涼しく冬暖かい-

オリジナルパネルの特長は、耐久性・耐震性だけでなく
「高性能断熱」という性能があります。

断熱材は、隙間があったら意味がないし、水が入り込んでしまえば構造材を痛めてしまいます。
なにより材料や位置が正しくても、施工によってはかえって すきま風が入る家になってしまいます。

グラスウールを大幅に上回る、優れた断熱性能と水に強い高い耐久性に加え、モジュールにあわせてパネル化していることで、ストダウンと施工スピードをUPさせることができました。また、ジャストサイズのはめ込み式施工の為、ムラのない技術で施工が可能です。

つまり、どの家にも確実に、夏涼しくて冬は暖かい高気密高断熱の壁が提供できるのです。

デザインが好みでローコスト・・・ 長く快適に住めなきゃ意味が無い。

R+ house menu
  • 01.R+houseの秘密
  • 02.家づくりの流れ

施工事例 家づくりの参考になる事例が満載!

「もっと知りたくなったら…」R+ house公式HPまで>>>

お問い合わせ・資料請求:可愛くってとってもわかりやすい! 家づくりをお考えの方全てに役立つ情報が満載♪各種資料をご用意しています!お気軽にご相談ください 0596-39-0063

家づくりのご相談はもちろん、R+houseのこと、
WB工法のことリフォームのこと・・
家づくりに関する事ならどんなことでもお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ 資料請求

リフォーム施工事例はこちらから

ページ上部へ